Thought

【後悔】成長できない理由【ノウハウコレクターを救いたい】

投稿日:

 

どうもー、ショウです

今回は10年間「物語書きたいなー」と勉強し続けて

結局、微塵も成果が出せず成長もできなかった理由を暴露します。

 

知識を集めている人、いますぐやめて手を動かしましょう。

知識さえあれば良いものができると思っているノウハウコレクターに向けての記事です。

 

なぜ、成長できないのか?

それは『実績』につながる行動をとっていないからです。

自分の実力を人に証明することができますか?

僕は誰にも証明できない無の10年間を過ごしました。

 

もくじ

なぜ成長できなかったのか?

・ノウハウコレクターになってしまったから

・ノウハウばかり集めて実績を作らなかったから

・完璧を求めてしまったから

 

どうすればよかったか?

・本当に成長する手順

 

ノウハウコレクターになってしまった人はどうすればいいか?

・今の実力を受け入れること

 

なぜ成長できなかったのか?

ノウハウコレクターになってしまったから

実は1作品だけ書き上げたことがありました。

ノウハウコレクターになる前の話です。

ただその作品は1作目ということもあり、出来がひどすぎました。

それゆえ人目には触れられないと思い込み、埋没させてしまいました。

ただ、これって当たり前のことなんです。

いきなり1作目から「いい作品」を作れる人なんていません。

 

にもかかわらず、「もっと知識があればきっといい作品が書けるはず」とかつての僕はそう思ってしまったわけです。

 

それに勉強するのって楽しいんですよ。

新しいことを学ぶときは「お、こんな方法もあったのか」とワクワクします。

そしてもっと知識があれば「いい作品」ができあがると思い、それゆえにもっともっと勉強したくなります。

 

はい、ここでもし同じような状態になっている人は注意です。

完全に沼ってます。一生その作品は完成しません。

 

なぜか? それは実績につながる行動じゃないからです。

 

ノウハウばかり集めて実績を作らなかったから

クリエイターに言えることですが「作品を作ることが目的」なわけです。

つまり、それが『実績』になります。

人に「僕はこういうもの作りました!」という証拠になるわけです。

ですが、知識を集めること自体は「作品が完成すること」に何ら影響しないわけです。

ココが重要です。

 

知識を集めるということは 作品をよくすることはあっても「作る」ことにはならない。

作品を作るというのは例えば

  • 小説なら文章を書く
  • イラストなら絵を描く
  • 音楽なら楽器を演奏する、作曲する

 

この作るという工程が必要なわけです。

『自分の手を動かすこと』が絶対に必要なわけです。

 

僕の場合は小説でした。

小説を作るときはプロットを作らないと作品がブレると言われます。

プロットというのは物語全体の流れをおおまかに決める設計図のようなものです。

ここでも僕はやらかしました。

 

ここが3つめのできなかった理由「完璧を求めた」からになります。

 

完璧を求めたから

このプロットを作るときに、プロットがそもそも良いと思えなかった。

もっといいものができると思って何度も考えては消して、考えては消してを繰り返してました。

完璧なものなんてないのにもかかわらず。

完璧を求める心はどこから来るのか?

これが「ノウハウを集めすぎる危険性」です。

 

ノウハウを集めすぎる危険性

ノウハウコレクターだった僕だから言えます。

知識を集めるとだんだん詳しくなってきます。

知識だけはあります。

だから、余計に手が動かなくなります。

なぜか?

 

「自分は詳しい」と思い込んでしまうからです。

だから下手な作品を作れなくなる。

でも下手な作品を作らないと上手くなりません。

レベルアップしていきません。

僕はノウハウを集め続けてから1作品も完成させることができませんでした。

なので要はゲームで言うならレベル1です。

そんなレベル1なのにも関わらず、勘違いしてレベル99のボスと戦えると思ってるわけです。

だから負け続ける。

だから知識を集め続ける。自分の実力を認めたくないから。

 

じゃあどうすればよかったのか?

 

本当に成長する手順

 

本当に成長する手順としては

  1. まず行動する
  2. 何ができないのか?を認知する
  3. その知識を調べる
  4. またやってみる

その時に上手くいかなくても知識のせいじゃありません。

自分の手を動かしていないことが原因です。

つまり経験不足なだけです。

ちなみに『1.まず行動する』で出来るものは間違いなくレベルの低いものです。

ですが、それでオッケーです。それが今の自分の実力です。

あとは何ができないのか?どうすればもっとよくなるのか?を考えるだけです。

そして、それに必要な知識がわかったら、それを調べる。

これが正しい知識のつけ方です。遠回りに見えるかもしれませんが確実に力が付きます。

これさえ分かれば、あとはひたすらできるようになるまで手を動かし続けるだけです。

 

 

ノウハウコレクターを救いたい

いまの実力を認めること

ならすでにノウハウコレクターになってしまった人はどうすればいいか?

答えはもう出てます。

「自分のいまの実力を認めること」です。

自分がレベル1だと気づくこと。そうすれば、あとはレベルを上げ続けるだけです。

正しい成長の手順を踏んで1からやり直しましょう。

最初は信じられないくらいレベルの低いものです。

でもそこで悲観的にならないでください。最初の一歩を踏み出しただけのことです。

 

大切なのは知識よりも行動すること。

成長するには実績につながる行動をとることが大切です。

 

-Thought

Copyright© showblog , 2019 All Rights Reserved.